劇団はぐるま第141回公演
  実験劇場
  御浪町ホール公演No.33
   

  かたりの椅子 

 

     作/永井 愛     演出/糸永 しのぶ

   

日時 

 2019年  6月19日(水)  19:30
            21日(金)   19:30
           22日(
)   13:30  17:30
          23日(
)   10:30  14:30
   

入場料

 前売り 一般 2,500円 (当日 2,800円)
      学生 1,500円 (当日 1,800円)
   

会場 

 御浪町ホール
   
 

         
 チケットお申し込み専用メール

  katari2019haguruma@gmail.com

    ※gmailからの返信が受け取れるよう、設定をお願いします
                

   

 

独立したばかりのイベントプロデューサー・六枝りんこは、
初めての大きな仕事に意気込んでいた。
クライアントは地方都市・可多里(かたり)市。
町おこしを目的にアート・フェスティバルが開催されるのだ。

実行委員長が提案した企画書は、りんこにとってアガる内容だった。
古い椅子を加工したアート作品を街角に置く
「かたりの椅子プロジェクト」と、
市民の個人史を元にした市民参加劇「可多里市外伝」。
しかし、そのプランは
市の文化振興財団の理事長の意にそぐわないものだった。

プライドの高い元キャリア官僚の理事長と、
都庁から引き抜かれた常務理事。
人の機嫌をとる市の役人。その若い部下。

実行委員は、
市立美術館館長とライフスタイルコーディネーター、
市民を代表する老舗酒店三代目。
実行委員長は、夢見がちな若い造形作家。

それぞれの思惑が複雑に絡み合い、
実行委員会は混迷を極めていく。

本当に大切なものは何なのか、本当に守るべきものは何なのか。

アート・フェスティバルの行方は・・・。

 

 

   
 
キャスト

     六枝りんこ(むつえだりんこ)・・・・・・・澤部 美木
          イベントプロデューサー

     入川クニヒト(いりかわくにひと)・・・・篠田 イトナミ
          造形作家

     雨田久里(あまだくり) ・・・・・・・・・・・松久 美保
          可多里市文化振興財団・理事長

     目高陽倫(めだかようりん)・・・・・・・・松尾 泰介
          可多里市文化振興財団・常務理事

     北条美月(ほうじょうみつき)・・・・・・・猿見田 優花
          可多里市役所生涯学習課・職員

     田中栄太(たなかえいた) ・・・・・・・・馬場 健太郎
          田中屋酒店・店主

     戸井ひずる(といひずる)・・・・・・・・・金谷 いずみ
          ライフスタイル・コーディネーター

     沼瀬圭作(ぬませけいさく)・・・・・・・吉田 洋二
          可多里市役所生涯学習課・課長

     九ヶ谷章吾(くがやしょうご)・・・・・・・なみ 悟朗
          可多里市立美術館・館長
          
            

   
 スタッフ
 
  作・・・・・・・永井 愛

  演出・・・・・糸永 しのぶ

  演出助手・丹羽 香津美

  照明・・・・・椛詩舞台はぐるま

  音響効果・古宇田 玲 
         保多留

  道具・・・・・田路 栄一
         種田 正義

衣裳・・・・・・安江 里江子
        大門 美和
        谷藤 越子
        辻 盛子
       
 節子 

舞台監督・・内田 薫

舞台監督
  助手・・・金谷 いずみ

制作・・・・・・馬渕 みどり 
        カコ みちる
        千代盛 香奈子

演出協力・・・汲田 正子       
        

 

〒500−8882          
岐阜市西野町1丁目11番地
NPO法人 劇団はぐるま

TEL 058−265−1852
 FAX 058−262−1652

MAIL haguruma@violin.ocn.ne.jp