御浪町ホール
舞台の床 張り替え工事


御浪町ホールもオープンからまもなく30年になります。

壁の塗り替えや、空調機の変更、座席の固定化、

音響、照明の機材の更新、などなど、

ちょこちょこと手を加えてきましたが、

ついに、舞台の床を張り替えるという大工事に挑むことになりました。

空調機(エアコン)の設置や、雨漏り防止の外壁の塗装は、

業者さんにお願いしましたが、

そのほかは、ほとんど劇団員の手で作業を行ってきました。

今回も、自分たちのホールを、

より美しく、より使い易いものにするために、昨年の暮れから作業が始まりました。

 


まずは床材をはがし、

下地にコンパネを張り、

新しい床材を張りつける。
     


寸法を合わせて、

平台に張りつける。
     
      舞台の奥、下手
楽屋へ上がる階段です。

微妙に
直角が出ていなかったりして、
苦労しました。

     
  
1階客席も         2階客席も、資材置場。

ロビーは、廃材置き場。
これでも少ないほうです。
     
        
 舞台袖のスライディングに   平台をおさめて、       完成!!
    上手奥では、
最後の仕上げか
悪だくみか・・・・・・

 

御浪町ホールのご案内